オンラインストレージ・クラウド
用語集

QRコード

パンフレットや商品パッケージなどの隅にあるQRコードQRコードの読み取り機能が搭載されたスマートフォンも多く、最近では電子マネー決済でも利用されるなど、その利用範囲はどんどん拡がっています。QRコードとは?その利用シーンや読み取りアプリまで、利用機会は多いけれど詳しく知らない「QRコード」について紹介しています。

QRコードとは?

1994年(平成6年)に㈱デンソーウェーブによって開発された二次元バーコードで、Quick Response code の頭字語から「QRコード」と商標登録されました。
従来使用されていた一つの方向にデータを記録するバーコードと違い、QRコードは縦横の二方向に記録するので、正方形の小さい面積に大容量の情報が記録できるようになり、2000年には国際規格化されて世界中に拡がりました。
もともとは自動車部品工場の生産管理のツールとして開発され、今でも生産や販売の管理ツールとして使われています。しかし使い勝手の良さから、一般的には地図やホームページのURLなどの情報案内や、電子マネー決済など幅広く利用されるようになりました。

QRコードの利用シーン

商品パッケージからの商品サイトへ誘導

QRコードを利用して、ネットワーク上の商品サイトへアクセスできるので、商品パッケージやパンフレットなどから簡単に自社ホームページやおすすめ商品ページに誘導できます。

電子マネー決済

電子マネー決済には2通りの方法があります。
店舗などで提示されたQRコードを読み取り、登録した口座やカードから送金する方法と、顧客側のアプリで表示したQRコードを店舗側の端末で読み取ると、決済が完了する方法があります。

LINEアカウントの情報交換

LINEのアカウント情報を交換する場合にもQRコードが使えます。画面上に自分のアカウント情報をQRコード化できるので、相手にスマートフォンのカメラで読み込んでもらうだけで、連絡先の交換が出来ます。TwitterなどのSNSアカウントはQRコード化が可能です。

QRコード読み取りアプリ

QRコードはモバイル端末機で利用することが多く、読み取り機能が標準搭載されている端末もあります。搭載されていない場合でも、アプリを利用すれば簡単に読み取ることができます。

QR Code Reader

QRコードとバーコードの両方の読み込みができるアプリです。

Androidの方はこちら
iOSの方はこちら

ICONIT

起動の早さと読み取り精度の高さが人気です。

Androidを利用の方はこちら
iOSをご利用の方はこちら

QRコード&バーコードリーダー

QRコードとバーコードの両方の読み込みができるアプリです。読み込みも遅くはないので、使い勝手の良さが評価されています。

Androidの方はこちら

生産性向上のカギはファイル共有にあり!おすすめツール4選

ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

キーワードから探す
TO TOP

フリプランに申し込む

オンラインデモ

TO TOP