オンラインストレージ・クラウド
用語集

ディスクアレイ

ディスクアレイとは、複数のストレージ(記録媒体)を連結させた装置で、サーバのデータ保存のために使われます。ストレージには多くの場合HDDが使われており、複数のストレージを同時に使うことで性能の向上を狙っています。また、複数のストレージを並列に使うのはトラブルに対処するためでもあります。ディスクアレイシステムでは構成するストレージが壊れても、別のストレージがその役割を引き継げるため致命的な結果には至りません。なお、ディスクアレイはストレージアレイと呼ばれることもあります。

RAIDとJBOD

ディスクアレイシステムを特徴づけるHDDの配列方法にRAID(レイド)というものがあります。RAIDとは「Redundant Arrays of Inexpensive Disks」の略で、直訳すると「安価なディスクの冗長な集まり」ほどの意味になります。その名の通り、RAIDは複数のディスクを集めて並列的に処理を行う方式です。
ディスクアレイシステムに使われるRAID以外の方式ではJBOD(ジェイボド)があります。これは「Just a Bunch of Disks」の略で「ただのディスクの束」という意味です。名前が示すように、JBODはディスクを集めてつなぎ合わせ大容量を実現させた方式です。
JBODは別名で「スパニング」と呼ばれることもあります。

RAIDとJBODの違い

RAIDとJBODの最も大きな違いは、冗長性の有無にあります。冗長性とは、システムを構成する部分に余分な箇所があることを指します。システムが冗長性を持っていると、どこかが故障してもまた別の部分が代わりの役目を果たせるため、有事の際の備えにつながります。

JBODには冗長性がありません。JBODは多数のディスクをつなげて一つの領域を作っており、作られた領域はひとかたまりのものとして処理されています。そのため、複数あるディスクのうちどれか1つでも故障すると、JBODで作られた領域は全て使用不可能になります。

RAIDには冗長性を持たせることができます。RAIDはデータを書き込む方式によって幾つかのタイプに分類できますが、例えば2台のディスクに同一内容を書き込む「RAID1」という方式を使えば、どちらかのディスクが壊れても問題なく動作を続けられます。他にも、RAID1の処理速度を高速にした「RAID1+0」、パリティデータ(データ復元のためのデータ)をあわせて書き込む「RAID5」および「RAID6」などが冗長性を持ちます。

オンラインストレージとクラウドストレージの違いとは?

ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善お役立て下さい!

キーワードから探す
TO TOP

お申込みはこちら