セキュリティに特化したプラン

セキュアSAMBA Pro版のご紹介

セキュアSAMBA Proとは

セキュアSAMBA Pro版

多様な働き方に対応できるセキュリティに特化したプラン

「セキュアSAMBA Pro」は、社内の情報漏えい防止やランサムウェアなどの外部攻撃対策に特化しており、テレワークなどの場所や時間を選ばない働き方にも力を発揮します。

セキュアSAMBAでは、すべてのプランで十分にセキュリティを強化しておりますが、なかでも「セキュアSAMBA Pro」はより強固で、堅牢なデータ保護機能を持つため、柔軟な働き方を実現する「働き方改革」のIT支援ツールになっています。またファイルを強制的に管理下のファイルサーバーに収集して、運用する仕組みの「CDM」を採用しています。データの管理者は会社の資産である個人パソコンのファイルを管理して、情報資産として守り、活用することができます。

※CDM(Centralized Document Management)とは文書ファイル中央収集、もしくは文書ファイル強制収集管理の意味

セキュアSAMBA Pro版の特徴

業務文書のセキュリティ強化

低コストでセキュリティ強化+情報の資産化で働き方改革

ランサムウェアなどの外部攻撃や社内の機密情報漏洩などの脅威から自社を守るためには、ファイルサーバーやセキュリティ対策機器など新たに予算を組み、導入、運用することが必要になります。

「セキュアSAMBA Pro」は、ランサムウェアなどの攻撃を遮断したり、社内の情報を外部に持ち出すコピーやメール添付などの行為をブロックするセキュリティ機能を提供します。ファイルを強制的にファイルサーバへ移動させることで、管理下で運用負担が少なく、統制することができます。従来のファイルサーバや外部とのファイル共有が基本機能で利用できる上、高いセキュリティ機能と情報資産化がセットになっているため、個々のセキュリティサービスを導入・運用するよりも低価格でご利用できます。

またクラウドサービスなので、サーバやネットワークなどのインフラ導入・運用の負担の問題も大きく軽減できます。また働き方改革などで導入が広がっているVDIやシンクライアントなどのシステム比べて、導入・運用のコストが大幅に低減することができます。ネットワーク接続が切断されても利用できる点も特徴の一つです。

ファイルの強制収集(CDM)

ファイルの強制収集(CDM)

CDM機能で個人パソコンのファイル保存を禁止して、ファイルサーバに保存されたファイルのみ修正・閲覧などを可能にし、会社のすべてのファイルを一か所に集めることができます。

外部流出遮断

外部流出遮断

USB、外付けハードディスクなどの記録メディアへのファイル保存を遮断し、印刷・画面キャプチャー・クリップボードへのコピー制御により、ファイルの無差別な流出をシャットダウンして、情報漏洩を防止します。

CDM ポリシーの設定・適用

CDM ポリシーの設定・適用

Office ファイル、PDF、Auto CAD ファイルなどを強制収集対象として設定してSAMBA PROで管理できます。ポリシーは自由度の高いNormal、セキュアSAMBA Proにアップしたフォイルのみ操作できるCDM、CDMに情報漏洩防止(DLP)を付けたFCDMの3段階を持ち、ユーザー別に適用できます。

対象アプリケーションを制御

対象アプリケーションを制御

ホワイトリスト方式のプロセス制御技術で対象アプリケーションからはローカルドライブを隠し、セキュアSAMBA Proのドライブのみ表示させます。対象外アプリケーションにはローカルドライブを表示させます。

業務文書のセキュリティ強化

統合的なファイル管理、監査ログ

ファイルのロック機能(チェックイン・アウト)による修正プロセスを初め、いつ、誰が、修正したかの確認ができる履歴リスト、さらに修正ごとに自動で残されるバージョン管理まで。個人ではなく、会社資産である情報ファイルの監査ログを残し、総合的に管理できるさまざまな機能を提供します。

ファイルのロック機能(チェックイン・チェックアウト)

ファイルのロック機能(チェックイン・チェックアウト)

セキュアSAMBA Proに保存されているファイルはチャックアウト後に修正して、保存時にはチェックインする方式。チェックアウトしたファイルは他のユーザーから見るとロック表示され、読み取り専用となります。

ファイルの履歴管理

ファイルの履歴管理

ミスしたファイルの修正、誤って削除したファイル、ファイル盗用などの問題が生じたとき、履歴を使って簡単に確認できます。

ファイルのバージョン管理

ファイルのバージョン管理

バージョンの統合的な管理によって最終バージョンの確認及び変更内容の把握が簡単になります。誤って削除したファイルもここから復元できます。

セキュアSAMBA Proの活用方法

【活用方法1】

ファイル強制収集のCDM型クラウドファイルサーバーでセキュリティ問題を解決!

セキュアSAMBA Proは、「流出防止機能+ファイル強制収集(CDM)+ファイルサーバー」をワンセットで、導入・運用コストを抑えて提供するサービスです。

こんな方におすすめ!

  • ・個人情報やマイナンバー、営業機密などのファイルデータの流出防止をしたい
  • ・強固なセキュリティ製品はコストが高く、高スペックなので自社で運用できるかが心配
  • ・セキュリティ脅威への対策を強化したいが、予算の確保ができない
ファイル強制収集のCDM型クラウドファイルサーバーでセキュリティ問題を解決!
【活用方法2】

ランサムウェアなど、外部攻撃を遮断!

登録されたアプリケーションしかアクセスできない「Whitelist方式」による制御で、外部攻撃から会社の貴重な資産を守ってくれます。許可されないアプリケーションは、セキュアSAMBA Proへのアクセスがブロックされるので、新種のランサムウェアやハッキングツールからファイルを守ります。

こんな方におすすめ!

  • ・ランサムウェアや悪性コードなど、悪意に満ちた外部攻撃から会社の貴重な業務文書を安全に保護したい
  • ・外部攻撃への対策に対して、予算が不足している
ランサムウェアなど、外部攻撃を遮断!
【活用方法3】

モバイルワークや在宅勤務にも使える!

外出先や在宅勤務などのテレワークをするには情報漏洩防止の機能が必要です。セキュアSAMBA Proの領域であれば、セキュリティを維持したまま業務に必要なファイルを自由に閲覧して修正できます。なので自宅にある個人のパソコンにセキュアSAMBA Proをインストールすれば、BYODとしてセキュリティを保ったままで利用することができます。

こんな方におすすめ!

  • ・社員が個人情報の含まれたファイルを外出先で利用しなければならない
  • ・社内はもちろんのこと、在宅勤務の社員にも安全かつ便利に仕事できる環境を提供したい
  • ・VDIやシンクライアントなどを導入して、運用すると、コストが跳ね上がってしまう
モバイルワークや在宅勤務にも使える!
【活用方法4】

ファイルは会社の貴重な財産!強制収集によって内部統制強化

他では見られなかったCDM機能により、パソコン内でのファイル保存を禁止し、ファイルサーバーに保存されている文書のみ修正や検索などができるようにして、社内のファイルを一箇所に集めることができます。

こんな方におすすめ!

  • ・他社とファイルをやり取りするのにファイル共有サービスだと情報漏洩が心配
  • ・会社の情報資産であるファイルが退職や異動の際に、個人パソコンから消失するのを止めたい
  • ・強制的にファイルを収集して、管理することで、情報漏洩防止やセキュリティ意識を向上させたい
ファイルは会社の貴重な財産!強制収集によって内部統制強化
【活用方法5】

ファイルのバージョン・履歴管理で効率化を推進!

ファイルを選択してマウスの右クリックで完了。誰がファイルを修正したのか、履歴も確認でき、間違って修正されたファイルも以前のバージョンで簡単に復旧できます。管理者は誰が、いつ、ファイルを削除したのかも検索できるから、探す手間を省き、最新版の取り間違いを防ぎます。

こんな方におすすめ!

  • ・間違ってファイルを修正してしまった時、元のファイルを復元したい
  • ・ファイルサーバーとパソコンの重複文書が多く、最新バージョンが管理が大変
  • ・バージョンの取り間違いで、無駄な作業が発生している
ファイルのバージョン・履歴管理で効率化を推進!
【活用方法6】

承認機能でファイルのURLリンクを安心して送れる

セキュアSAMBA Proは、ファイル原本を添付しなくてもURLリンクを生成して共有する方式を取っています。添付ファイルがないのでメールサーバの不必要な浪費がなく、ファイルURLのみ送信するので大容量ファイルも簡単に共有できます。外部にURLリンクを送る際には上司承認を付けることができます。

こんな方におすすめ!

  • ・大容量ファイルの外部送信が多く、メール添付ファイルの容量制限などで不満を感じている
  • ・無料サービスだと社内ポリシーでセキュリティの問題があり、使えない
  • ・有料のファイル送信だけにコストを掛けるのが難しい
承認機能でファイルのURLリンクを安心して送れる
ページのTOPへ戻る