オンラインストレージお役立ち情報

オンラインストレージの安全性は?リスク対策の方法も併せて解説

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    1.まずオンラインストレージとは?

    オンラインストレージを導入する際、安全性は大きな懸念点となります。今回はオンラインストレージで安全性に注目し、オンラインストレージについて説明していきます。

    オンラインストレージとはインターネット上に写真などのデータを保管し、サイトのURLをメールで送るなどして共有できるサービスです。個人・法人問わず簡単に使用できる一方で、セキュリティの安全性が問題になりやすいというデメリットがあります。クラウドストレージとも呼ばれています。

    安全性の部分をクリアできれば、使いやすくメリットの大きなサービスであるため、多くの企業がビジネスシーンで安全性の高いオンラインストレージを使用しています。

    2.オンラインストレージの安全性はどうなの?

    オンラインストレージの具体例としては、Google DriveやDropbox、Onedrive、Firestorage、iCloud、Megaなどがあります。YahooやApple、Android、Windows、PS4も安全性を担保したうえで、独自のオンラインストレージサービスを提供しています。

    ここからはオンラインストレージの安全性を比較する際に、注目したいポイントを紹介します。

    サーバーダウンによるデータ消失のリスク

    オンラインストレージはネットワーク上でファイル共有を行うものですので、サーバーに事故が発生すれば大きな影響を受けることになります。オンラインストレージの安全性という観点では、使用する側だけではなく、オンラインストレージを管理するサーバー側の安全性についても注意が必要です。

    サイバー攻撃によるリスク

    近年各国で話題となっているサイバー攻撃もオンラインストレージの安全性に関わってくるものです。web上のドライブにデータをアップロードしているオンラインストレージは、ネットワーク上に各種データを置いている状態ですので、情報漏えいのリスクの面で安全性担保が難しいでしょう。

    サーバー停止・押収によるリスク

    こちらもオンラインストレージを管理するサーバー側の安全性に関わるものです。オンラインストレージを提供している会社の信頼性がそのまま、オンラインストレージの安全性に直結するために、導入検討時には注意が必要です。

    3.リスクへの対策

    オンラインストレージの安全性を高めるためのリスク対策を紹介します。

    安全性を高めるために高セキュリティのサービス選定・強固なパスワード設定

    まずセキュリティ面での安全性については、オンラインストレージ導入時に評判の含めて事業会社を検討することをおすすめします。いくら無制限にデータを保存・転送できても、安全性が保たれていないオンラインストレージでは意味がありません。料金が安いということも同様です。

    オンラインストレージ利用時の安全性とバックアップ

    オンラインストレージの安全性を考える際、データを守るという観点があります。PC内のフォルダーと違い、必要に応じてダウンロードしてデータを使用するオンラインストレージは、バックアップを常に取っておくことでデータの安全性を確保できます。

    4.安全性を重視して選ぶ時注意すべきポイントとは?

    オンラインストレージの安全性を考える際のポイントを紹介します。法人でオンラインストレージを利用する際には安全の問題についてはしっかりを意識する必要があります。

    セキュリティの安全性はどうか?

    オンラインストレージの安全性を考える際にセキュリティについての意識は欠かせません。どんなに使い方が簡単で、容量の大きなオンラインストレージも安全性がなければ意味がありません。安全性の面でオンラインストレージを選ぶなら各種サービスのセキュリティに注目しましょう。

    無料トライアルで安全性を確認する

    多くのオンラインストレージには無料トライアルプランが用意されています。本導入の前に無料プランを試用し、オンラインストレージの安全性について確認しましょう。

    無料トライアルを活用することで、オンラインストレージの安全性が確認できれば、そのまま有料版に移行することが可能ですし、オンラインストレージの安全性が確保できないと感じられた場合は別のサービスへ切り替えることができます。

    有料版オンラインストレージの容量はどうか?

    オンラインストレージの容量には料金によって大きな開きがあります。具体的には5GB~1TB、もしくはそれ以上の容量を用意しているオンラインストレージもあります。有料版を活用すれば、安全性はもちろんのこと、無料版よりも非常に大きな容量のオンラインストレージを使用することができ、メリットを実感できます。

    安全性だけでなく、利便性はどうか?

    オンラインストレージを比較する際のポイントは安全性だけではありません。オンラインストレージは個人・法人ともに毎日のように使用することになるものですので、利便性についでもしっかりと比較することをおすすめします。ファイル共有時に手間がかかるようではオンラインストレージの意味がありません。

    安全性と利便性、バランスの取れたオンラインストレージを選べるように、いろいろなサービスを比較することが大切です。

    5.まとめ

    GoogleDriveやDropbox、Boxなど、様々な種類があるオンラインストレージ。比較・検討する際には便利なだけでなく、安全性も担保されたオンラインストレージを選択することが大切です。

    GoogleによるGooleDriveはすでに多くのユーザーに広まっています。法人で使用する際にはこのようなすでに従業員が使用していることが考えられるオンラインストレージの安全性についても意識していく必要があります。

    安全性の高いオンラインストレージを選択する

    イチから安全性の高いオンラインストレージの導入を検討する際にはセキュリティの安全性を最優先することで、多くのオンラインストレージから安全性の高い適切なものを選ぶことができるでしょう。

    オンラインストレージの導入を検討する際には、ただファイルを共有するためのもの考えるべきではありません。オンラインストレージを通じたファイルを共有することによって、仕事がしやすくなるもの考えれば、自然とオンラインストレージに安全性が必要な理由がわかってくるでしょう。

    セキュリティ面での安全性をしっかりと抑え、安全性と利便性を兼ねそろえたオンラインストレージを導入することが大切です。安全性が確保されたオンラインストレージを使用することで、各種業務の効率化を図っていきましょう。

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    この記事を読んだ人は
    こんな記事も読んでいます

    オンラインストレージのプライバシーはどうなっている?

    オンラインストレージ・クラウドTips

    オンラインストレージは安全?ウイルスを入れないための対処法をご紹介

    オンラインストレージ・クラウドTips

    オンラインストレージサービスはこう選ぶ!チェックすべき4つのポイント

    オンラインストレージ・クラウドTips

    オンラインストレージのプライバシーはどうなっている?

    オンラインストレージ・クラウドTips 2020-07-28

    オンラインストレージは安全?ウイルスを入れないための対処法をご紹介

    オンラインストレージ・クラウドTips 2020-06-30

    オンラインストレージサービスはこう選ぶ!チェックすべき4つのポイント

    オンラインストレージ・クラウドTips 2020-06-11

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP