オンラインストレージお役立ち情報

厚生労働省の助成金「時間外労働等改善助成金」を利用してテレワークを始めよう!

業務効率化ノウハウ

目次

    フリープランのお申込み

    無料でセキュアSAMBAが使える!フリープランをぜひご利用ください。

    フリープランのお申込み

    無料でセキュアSAMBAが使える!フリープランをぜひご利用ください。

    厚生労働省が発表しているテレワーク推進のための助成金、「時間外労働等改善助成金」(※2020年4月1日以降は「働き方改革推進支援助成金」に名称変更予定)について紹介いたします。さらに、テレワークを行うときに便利なサービスの一つであるオンラインストレージを導入するメリットなどもお伝えします。

    時間外労働等改善助成金とは?

    時間外労働等改善助成金とは、厚生労働省が設けたテレワーク推進のための助成金です。例年、この助成金は予算に組み込まれており、2019年度も12月まで受付を行っておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年3月9日に再度創設されました。再度創設された時間外労働等改善助成金の対象となるのは、新たにテレワークを導入する中小企業の事業主や試行的にテレワークを導入している中小企業の事業主です。

    時間外労働等改善助成金の特長

    1.時間外労働等改善助成金の助成対象になる取組

    時間外労働等改善助成金を受給するためにはいくつかの取組が対象になります。まずはテレワーク用通信機器の導入・運用にかかった費用です。通信機器というと、パソコンやタブレットやスマートフォンも含まれるかと思ってしまいますが、それらの機器は対象外で、オンラインストレージやWEB会議システムや勤怠管理システムなどが対象になります。
    また、テレワークを行うための規則作成・労務管理担当者への研修・社会保険労務士などによるコンサルティングにかかった費用も助成を受ける対象です。

    2.時間外労働等改善助成金の補助率・金額

    時間外労働等改善助成金の補助率は1/2で、補助金額の上限は1企業100万円です。東京都が発表している補助金である『事業継続緊急対策(テレワーク)助成金』『はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助金)』『テレワーク活用・働く女性応援助成金(テレワーク活用推進コース)』と比較すると、金額も補助率も低めに設定されているので、申請する資格がある事業主は東京都のテレワーク助成金も含めて検討することをおすすめします。

    東京都が発表している助成金についての詳細はこちら

    3.時間外労働等改善助成金の実施期間

    時間外労働等改善助成金の実施期間は、2020年2月17日~2020年5月31日までです。この実施期間というのは、『1.時間外労働等改善助成金の助成対象になる取組』で紹介した取組を行う期間のことです。通常、助成金を受給する際は申請をしてから実施したものが助成対象となりますが、この助成金は過去にさかのぼって取組を行ったものでも、期間内であれば助成対象となる点が特長です。

    4.時間外労働等改善助成金の主な要件

    時間外労働等改善助成金の主な要件は、事業実施期間中に助成対象の取組を行うことテレワークを実施した労働者が1人以上いること、です。助成金の申請、交付決定後に、支給申請というのを別途申請する必要があります。この支給申請の際に、事業実施期間中に助成対象の取組を行ったか、テレワークを実施した労働者が1人以上いるか、などの報告・申請を行う必要があるので、申請に必要な書類や実施したことがわかる資料などをあらかじめ用意しておくと申請の負担が減ります。実際にテレワークを行う従業員の方にも協力してもらい、実施している様子を写真に撮ってもらうなどして資料をそろえておきましょう。

    助成金を利用してオンラインストレージを導入する

    テレワークの利用にあたって、WEB会議サービスや勤怠管理システムなど様々なサービスが注目されていますが、今回はオンラインストレージに注目して導入のメリットや利用方法をお伝えします。

    オンラインストレージとは?

    オンラインストレージとは、社内ファイルサーバーやファイル共有を行うためのストレージで、クラウドのサービスが主です。

    オンラインストレージテレワークに導入するメリット

    テレワークの課題として、自宅などから社内のファイルサーバーにアクセスできず、必要なデータやファイルを見られないという点が挙げられます。
    パソコンからリモート接続ができれば解決するのですが、リモート接続を行うためにも様々なネットワークの設定が必要になり、すぐに導入することはできません。
    オンラインストレージでは、普段利用している社内のファイルサーバーオンラインストレージに変えるだけなので、リモート接続をしなくても必要なデータやファイルを見にいくことができます。

    テレワークに最適なオンラインストレージサービス『セキュアSAMBApro』

    テレワークの利用に向けて提供されているオンラインストレージサービス『セキュアSAMBApro』では、利用しているパソコンにデータをダウンロードさせない機能がデフォルトで備わっているので、自宅からアクセスしても外部に情報が漏れることが無いので安心です。
    また、今回ご紹介した厚生労働省の助成金「時間外労働等改善助成金」も利用することができ、助成金の申請・受諾・報告・サービスの利用サポート※まで一貫して行えます。

    セキュアSAMBAproの詳細情報はこちら
    テレワークソリューションのご紹介はこちら

    助成金と『セキュアSAMBApro』に関するお問い合わせ先

    今回ご紹介した、厚生労働省が発表している助成金とオンラインストレージ『セキュアSAMBApro』について、「オンラインストレージを導入したらどのくらいの費用がかかるのか?」「どのくらい助成金がもらえるのか?」など疑問点や知りたい情報等ございましたら以下のお問い合わせ先からご連絡ください。お電話でもお問い合わせを受け付けております。

    スターティアレイズ株式会社
    お問い合わせフォーム
    電話番号:0120-796-004

    ※助成金の申請~受諾~報告はスターティアレイズ株式会社の協力企業からの提供になります。

    フリープランのお申込み

    無料でセキュアSAMBAが使える!フリープランをぜひご利用ください。
    法人利用でも安心してお使いいただけます。

    この記事を読んだ人は
    こんな記事も読んでいます

    「働き方改革関連法」施行開始! 企業が対応すべきことまとめ

    働き方コラム

    テレワークに必要なセキュリティ対策とは? ガイドラインも解説

    働き方コラム

    東京都の助成金を活用してテレワークを始めよう!

    業務効率化ノウハウ

    「働き方改革関連法」施行開始! 企業が対応すべきことまとめ

    働き方コラム 2019-05-30

    テレワークに必要なセキュリティ対策とは? ガイドラインも解説

    働き方コラム 2018-12-11

    東京都の助成金を活用してテレワークを始めよう!

    業務効率化ノウハウ 2020-03-13

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP