オンラインストレージお役立ち情報

Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了までに行うべき作業をご紹介

業務効率化ノウハウ

目次

    2020年1月14日に、マイクロソフト社によるWindows Server 2008/2008 R2の延長サポートが終了します。これらを利用した基幹システムやファイルサーバーは、現在も多くの企業で利用されている現状があり、新しい環境への移行において様々な課題が発生しているようです。今回はサポートが終了したOSを利用し続けるとどんなリスクがあるのか、サポート終了前にユーザーに求められる対応策について説明します。

    1.Windows Server 2008/2008 R2とは?

    「Windows Server 2008/2008 R2」とは、マイクロソフト社が提供するサーバー向けOSのことです。

    「Windows Server 2008」は、「Windows Server 2003」の後継OSとして、2008年に販売開始されました。コマンドラインツールの強化でほぼ全ての操作がコマンドから実行可能となり、シェル言語「PowerShell」が標準装備されました。

    一方「Windows Server 2008 R2」は、「Windows Server 2008」の後続OSとして、Windows 7と同時期の2009年にリリースされました。PowerShellの強化や、コマンド操作の拡張が実現し、機能の一部はコマンド操作のみで設定可能となりました。

    2.Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了日時

    「Windows Server 2008/2008 R2」は、2020年1月14日に延長サポートが終了します。サポートの終了とは、定期的なセキュリティ更新プログラムの提供がなくなることを言います。

    OSは定期的にバージョンアップする必要があり、不正で有害な動作を意図的に行うマルウェアや、プログラムや設計上の脆弱性を狙ったセキュリティリスクなどに備えて、機能追加や不具合修正などを行います。新しいOSが開発されると、旧バージョンは一定期間経過後に順次サポートが終了する仕組みです。

    3.サポートが終了したOSを利用し続けるリスク

    サポートが終了したOSを利用し続けると、主に「セキュリティ」「サポート対応」「ハードウェア故障」の3つのリスクがあります。

    セキュリティ

    最新のセキュリティ更新プログラムが、マイクロソフト社から提供されなくなることで起こる可能性があります。サポートが終了すると、ウイルスやマルウェア、脆弱性を狙ったサイバー攻撃に対して耐性がなくなるので、大変危険な状況となります。

    サポート対応

    トラブルが起こってもマイクロソフト社のサポートが受けられないため、被害が拡大することが想定されます。自社で対応しきれずに、企業価値やイメージ、売上の低下を招くなどの大きな損失となったり、業務停止を余儀なくされたりする場合もあるでしょう。

    ハードウェア故障

    老朽化により、ハードウェアの故障率が向上する可能性があります。2008年に「Windows Server 2008」が登場してから10年以上が経過し、近年は記憶装置としてHDDからSSDに移行する流れが加速するなど技術は進化しています。安全な運用には、適切なハードウェアを使用することも欠かせません。

    4.サポート終了前の対応策

    Microsoft Azure/Windows Server 2019

    マイクロソフト社は自社のクラウドサービス「Microsoft Azure」にて、Windows Server 2008で構築したシステムを、そのまま移行することができるプランを提供しています。大容量データの移行ができる「Azure Data Box」、ファイルサーバークラウドストレージを同期できる「Azure File Sync」により、スムーズな移行を目指します。Azureを利用する場合はWindows Server 2008の延長サポート終了後も、3年間は無償でセキュリティ更新プログラムを提供するとしています。

    Azureで移行できないユーザーに対しては、Windows Serverの旧版を新版に置き換える方法として、ハイブリッドクラウドを提供しています。これは、オンプレミス環境に「Windows Server 2019」を導入し、Azure環境と組み合わせることで、Azureとの基盤統合、データベース統合、アプリケーション統合、管理統合ができるというもの。Windows Server 2008の延長サポート終了後には、アップグレードに必要なサーバーのみを対象に、有償で最大3年間保護を維持するためのセキュリティ更新プログラムを延長できます。

    セキュアSAMBA

    サポート終了までにOS移行ができない場合や、OS移行後に安全にデータ保管をしたい場合に、オンラインストレージ・ファイルサーバー「セキュアSAMBA」が最適です。セキュリティ機能として、通信・データの暗号化、グローバルIPアドレス制限、詳細なパスワードルール設定などを標準搭載しています。

    クラウド版とオンプレミス版があるので、社内システムや環境との連携がしやすく、自社に最適なプランを選択することで運用の負担が軽減されます。ストレージ容量の増加やパフォーマンス向上などが手軽にできる点も特徴で、データ共有やバックアップ先としても適しています。

    OSの移行は新規導入よりもリスクや制約が多く、マイクロソフト社によると計画から運用までの期間として約2年間かかるとされています。サポート終了日が差し迫った今、短期間での移行を実現させる手段として、セキュアSAMBAが期待されています。

    「データ移行支援サービス」では、所有するNASやファイルサーバーのデータ・ユーザー・アクセス権限などをセキュアSAMBAに移行できます。「新規導入支援サービス」では、初期設定から導入後のスムーズな運用に向けて社内講習なども実施しています。サポート終了までにOS移行ができない場合や導入や、移行に関する知識がない場合には、短期間で移行が完了するセキュアSAMBAの導入がおすすめです。

    5.まとめ

    2020年に延長サポートが終了する「Windows Server 2008/2008 R2」は、現在も多くの企業が利用していると言われおり、新しい環境への移行が進められています。サポートが終了したOSを利用し続けることは、ウイルスやマルウェア、脆弱性を狙ったサイバー攻撃に対して耐性がなくなることを意味するため、様々なリスクを抱えることになります。サポート終了前に、マイクロソフト社のMicrosoft Azureの活用や、オンラインストレージの導入で、セキュリティリスクに対して対策することが求められています。

    オンラインストレージのセキュリティリスクを回避!6つのチェックポイント

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や
    業務開演にお役立て下さい!

    TO TOP

    乗り換えキャンペ

    TO TOP