オンラインストレージお役立ち情報

大容量データ共有に!オンラインストレージを利用したファイル共有を具体例とともにご紹介

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    一般的なデータを送る方法

    データのやりとりに最も簡単な方法は、メールに添付して送る方法です。送りたいデータを、送りたい宛先に文章と共に送る事ができるので、使い勝手の良い共有方法です。

    しかし昨今企業が取り扱うデータサイズも多くなり、メールサーバーへの負荷も考慮して容量制限を設けているのが実状です。メールサーバーを提供しているホスティング業者によると、添付ファイル容量制限が大体10M~20Mとなっています。

    添付ファイルをダウンロードする時間や、他のメール受信にも影響しますので、大容量データを共有する際には、他の方法を検討する必要があります。

    大容量ファイルの送付はオンラインストレージ利用がおすすめ

    【活用例】
    ■用途:
    外部とのファイル共有

    ■課題:
    外部業者と大容量データを共有する事が頻繁にある
    無料の大容量データ共有サービスを利用してるがセキュリティが不安

    ■メリット:
    ・ダウンロードリンクの利用
    ファイルを直接送るのではなく、ファイルをダウンロード出来るURLリンクをメールに添付して送る
    ⇒パスワード設定、ダウンロード回数制限、通知機能、有効期限、履歴確認可能
    ・ブラウザで観点に接続
    ⇒ソフトのインストールが必要なく、ブラウザで簡単に接続可能

    大容量データのバックアップにはオンラインストレージ利用がおすすめ

    【活用例】
    ■用途:
    大容量データのバックアップ

    ■課題:
    大容量データ共有するサーバーは持っているが、バックアップをしていない
    バックアップデータがメインデータと同じ事業所にあったとしたら、災害時の不安が残る

    ■メリット:
    ・ホットストレージ、コールドストレージという概念
    データのバックアップをする際に、頻繁に復元するデータはホットストレージ領域に、
    長期保管するデータは、コールドストレージへバックアップする事で、データ整理とコスト軽減が可能

    複数人での大容量データ共有にはオンラインストレージ利用がおすすめ

    【活用例】
    ■用途:
    社内外の権限が多岐に渡る大容量データ共有

    ■課題:
    大容量データ共有するサーバーで、社内の一部署での共有や、クライアントとの共有を、同じオンラインストレージで管理したい

    ■メリット:
    ・ユーザーとフォルダでアクセス権限の設定が可能
    ・ユーザー有効期限設定で、一定期間共有を許可する事が可能
    ・不要なフォルダは不可視にする事が可能

    拠点間の大容量データ共有にはオンラインストレージ利用がおすすめ

    【活用例】
    ■用途:
    拠点間の大容量データ共有

    ■課題:
    サテライトオフィスや事業所、工場、数十ある拠点間でのデータ共有をしたい

    ■メリット:
    ・拠点ごとのフォルダ階層分けが可能
    ・拠点の統廃合や移転の影響を受けない

    大容量データ共有する際に、どんな状況に置かれていても対応できるのがオンラインストレージです。

    選定するにしても、導入後のイメージは湧かない時もあります。
    そんな時はオンラインストレージを提供している会社へ相談してみましょう。

    オンラインストレージ導入のメリット・デメリット徹底解説

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    この記事を読んだ人は
    こんな記事も読んでいます

    クラウドのセキュリティはもう不安じゃ...

    オンラインストレージ・クラウドTips

    クラウドでファイルを共有! クラウドス...

    オンラインストレージ・クラウドTips

    ストレージの意味とは? スマホやPC容量...

    オンラインストレージ・クラウドTips

    TO TOP

    お申込みはこちら