オンラインストレージお役立ち情報

ファイルサーバー移行の手順や注意点とは?おすすめの法人向けサービスもご紹介

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    大切なデータを管理するファイルサーバー。業務効率化や2020年頃の社会情勢の変化に伴い、自社サーバからboxなどのクラウドツールへ、ファイルサーバーを移行する企業が増えています。

    データ共有やリンクのため、WindowsPCにネットワーク接続する場合は、NASやドメイン、Windows Server不要のWorkgroupを利用する方法があります。他にも、ファイルサーバーをAWSやAzureに構築、WordPressのメディアライブラリやシェアポイントをファイルサーバーとして活用するなど、さまざまな選択肢が登場しています。

    データ保護には、最適なファイルサーバーを活用することが重要です。今回は、ファイルサーバーの移行に焦点をあて、移行する目的や手順、注意点を解説します。ファイルサーバーを自社サーバではなくクラウド化するメリットや、おすすめのツールを紹介しますので参考にしてください。

    ファイルサーバーを移行する方法

    ファイルサーバーの移行には、「移行サービスを利用する」「自社で移行する」という2つの方法があります。

    移行サービスを利用する

    ファイルサーバーには、企業の機密データが保存されています。移行サービスを利用すると、安全に新しいファイルサーバーに移行できます。ファイルサーバーの移行は慎重に進める必要があるので、コストと効率性を比較して、信頼できる移行サービスを選ぶようにしましょう。

    自社で移行する

    ファイルサーバー移行の知識があれば、自社で移行できます。移行する時間や手間はかかりますが、コスト削減が可能です。一方で、システム管理のスキルや担当者が少ない場合は、ファイルサーバー移行に膨大な時間がかかることも。重視したい点を明確に、ファイルサーバー移行の方法を検討しましょう。

    ファイルサーバー移行の際の注意点

    ファイルサーバー移行中のミスを予防するため、注意点を確認しましょう。手順に沿って慎重に、ファイルサーバーを移行してください。

    データのバックアップを取る

    ファイルサーバー移行中の障害に備えて、データのバックアップを取りましょう。移行中にデータが破損してしまうと、ファイルサーバー全体に影響が出る可能性があります。box、OneDrive、Dropbox、SharePoint、xcopy、robocopy、fastcopyなどを活用して、移行するデータをコピーすることをおすすめします。

    優先順位を決める

    移行するデータが多いと時間がかかります。効率よく新しいファイルサーバーへ移行するには、優先順位を決めて進めることが大切です。業務に差し支えないよう、優先順位を明確にして、必要なデータからファイルサーバーへ移行します。優先度を決めて段階的に、ファイルサーバーへ移行すると良いでしょう。

    転送速度を監視する

    転送速度や負荷により、ファイルサーバー移行に時間がかかったり、障害が発生してデータが破損したりする場合があります。特に大きいサイズのファイル移行は負荷が大きいです。転送速度を監視して、データを小分けにしたり、余力がある時に転送量を増やしたりと調整しましょう。

    移行後にアナウンスをする

    ファイルサーバー移行に伴い、ファイルへのアクセス方法やショートカット、運用フロー、ソフトが変わる場合があります。影響のある部署には事前にアナウンスして、混乱を予防しましょう。ファイルサーバーの移行前に、ツールのマニュアルを作成して配布しておけば、スムーズに新しい体制へ移行できます。

    ファイルサーバーを移行する目的

    ファイルサーバーを移行する目的とは何でしょうか。ファイルサーバー移行の判断に役立つ、4つの目的を紹介します。

    環境の変化によるアップグレード

    効率よく業務を進めるためには、環境の変化に合わせて入れ替えが必要です。古いサーバは通信速度が遅く、容量も小さい傾向があります。ファイルサーバーを定期的に見直し、データへのアクセスを最適化するファイルサーバーへ、自社サーバからの移行を検討しましょう。

    ハードウェアの刷新

    ファイルサーバーのOSやハードウェアが古いと、サポートが終了してしまいパフォーマンスが低下します。Windowsのサポートや契約期間が切れるタイミングで、ファイルサーバーを導入すれば、サーバ移行作業を同時に進めることができます。

    運用管理性の向上のために

    ビジネスでは機密情報を扱う機会が多いため、セキュリティ強化は欠かせません。また、Windows管理のpowershellやコマンドといった専門的な知識が不要で、運用管理を容易にするファイルサーバーが次々と開発されています。ニーズに合わせてファイルサーバーを選択すると良いでしょう。

    コスト削減

    複数のファイルサーバーに分散すると、運用コストが想定以上にかかることも。特に、特定のファイルサーバーに利用が偏っている場合には注意が必要です。ファイルサーバーを移行して1つに統合すると、サーバ運用コストが削減できます。

    ファイルサーバーの移行はクラウドストレージがおすすめ!

    2019年に始まった働き方改革の影響で、業務効率化を目指してファイルサーバーの移行に注目する企業が増えています。ファイルサーバーをboxやセキュアSAMBAなどのクラウドに移行すると、様々なデバイスからのアクセス、共有設定、他アプリとの連携、コストが削減できるメリットがあります。

    クラウドストレージはネット上のサーバで運用するため、データ共有や一元管理しやすく、テレワーク環境にも欠かせません。ファイルサーバー移行を機にクラウドストレージを導入すれば、DX化も視野に入れた運用が実現します。セキュリティや操作性に優れたファイルサーバを取り入れると良いでしょう。

    法人向けクラウドストレージならセキュアSAMBA

    ファイルサーバーにクラウドストレージを利用する場合は、中小企業を中心に多くの導入実績がある「セキュアSAMBA」がおすすめです。サーバのポイントを3つ紹介します。

    信頼性の高いセキュリティ

    法人利用でも安心の高いセキュリティが特徴です。暗号化、グローバルIPアドレス制限、端末認証、ホスト名管理などが標準搭載されています。ACLによりファイルごとにアクセス権限を設定できるので、情報漏えいの予防にも効果的です。

    ユーザー数無制限

    有料プランは全て、ユーザー数が無制限です。人員の増減にも、影響を受けないことが強みでしょう。ユーザーが増えるほど、1人あたりのコストを軽減でき、取引先などの外部にアカウントを発行して、データを共有できます。

    非同期型

    ローカルユーザーとクラウドストレージの内容が、自動的に同期されないファイルサーバーなので、容量を気にせず利用できます。自動的に同期しないため、同期中のネットワーク遮断による更新もれが起きにくい特徴があります。

    ファイルサーバーの移行を検討している方は、Windowsエクスプローラーと似た操作感で利用できる「セキュリティSAMBA」を試してみてはいかがでしょうか。

    セキュリティ機能も標準搭載の
    オンラインストレージ

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    この記事を読んだ人は
    こんな記事も読んでいます

    ファイルサーバーをクラウド化するメリット・デメリットとは?

    オンラインストレージ・クラウドTips

    ファイルサーバーでバックアップをする際に注意すべき点とは?最適な方法やおすす...

    オンラインストレージ・クラウドTips

    【2021年オンラインストレージ最新比較】おすすめのサービスを個人・法人それぞれ...

    オンラインストレージ・クラウドTips

    ファイルサーバーをクラウド化するメリット・デメリットとは?

    オンラインストレージ・クラウドTips 2021-08-04

    ファイルサーバーでバックアップをする際に注意すべき点とは?最適な方法やおすす...

    オンラインストレージ・クラウドTips 2021-08-26

    【2021年オンラインストレージ最新比較】おすすめのサービスを個人・法人それぞれ...

    オンラインストレージ・クラウドTips 2021-09-06

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP