オンラインストレージお役立ち情報

クラウドを利用したバックアップのメリットと方法を解説

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    クラウドバックアップとは、クラウドストレージ上にパソコンやスマホのデータを保存しておくものです。法人を中心に導入されていますが、最近個人による利用も増えてきています。背景には無料サービスの充実があり、パソコン・スマホ問わず、使いやすいクラウドバックアップのサービスが浸透しています。

    今回はそのようなクラウドバックアップの個人利用について、解説する内容です。クラウドバックアップを利用するメリットやデメリットに加えて、代表的なクラウドストレージバックアップ方法についても紹介します。

    GoogleのGoogleDriveやiPhoneのiCloudなど、個人が使える無料サービス・アプリを複数紹介しますので、これからクラウドバックアップを活用してみたいと考えている個人の方はぜひ参考にしてください。携帯端末の音楽や写真データを誤って削除してしまった際に慌てずすむ情報をお届けします。

    クラウドストレージバックアップするメリット

    まずは、クラウドバックアップを利用するメリットを説明します。

    データを失うリスクを軽減できる

    クラウドバックアップを利用すれば、携帯端末の音楽や写真を誤って削除してしまった際にデータを復元できます。上書き保存したデータをもとに戻したい場合も、元データを呼び出すことが可能です。

    会社の信頼性向上につながる

    企業によっては自社サーバーNASなど、オンプレミス環境でデータを管理している場合もありますが、クラウドバックアップなら比較的障害も少なく、安全にデータを管理できます。クラウドバックアップは自社サーバーNASとは異なり、クラウド上にバックアップデータを保管します。そのため、クラウドバックアップBCPの面でも優れています。

    トラブルの際に直ぐに復旧できる

    端末を故障・紛失してしまった際、クラウドバックアップをとっておけば、新しい端末にすぐさまデータを復元できます。クラウドバックアップがあることで、トラブル発生時のリスクを最小限おさえることができるでしょう。

    知っておきたいクラウドバックアップのデメリット

    一方でクラウドバックアップにはデメリットもあります。ここからはデメリットについての解説です。

    インターネット環境が必要

    クラウドバックアップの使用にはインターネット環境が不可欠です。USBやHDDのような記憶端末は有線接続が可能ですが、クラウドバックアップはオンライン接続のみです。場合によっては専用アプリのインストールが必要な場合もあります。

    ランニングコストが必要

    クラウドバックアップに必要なオンラインストレージの中には有料サービスもあります。利用は無料サービスからスタートできますが、場合によっては大容量もしくは容量無制限のクラウドが必要になるかもしれません。サービスの価格は月単位できまっていることが一般的です。

    バックアップを取るべきデータとは?

    写真や音楽など、長期的に保存しておきたいデータはバックアップをとっておくべきです。バックアップをとっていない状態で、スマホやパソコンなどの端末が紛失・故障した場合、大切なデータの復元が難しくなります。

    また、動画などのデータは1つ1つのサイズが大きく、端末の容量を圧迫してしまうおそれがあります。そのようなデータについても、クラウドバックアップに格納しておけば、スマホやパソコンを快適に使用できます。iCloudのようなクラウドストレージは特に、このような使い方に特化しています。

    Windows7のサポート終了時には、Windows7側で作成したデータをクラウドバックアップし、クラウドストレージ経由でWindows10でデータを同期できました。スマホやパソコンのOSをアップデートする際には、エラーが発生する恐れもあります。

    後になって、「クラウドにバックアップをとっておけばよかった」と思うことのないように、定期的に、もしくは自動でバックアップデータを残しておくことをおすすめします。

    代表的なクラウドストレージバックアップ方法

    ここからは代表的なクラウドストレージバックアップ方法について、解説します。

    Google Driveにバックアップする方法

    Google DriveはGoogleが提供しているクラウドストレージです。無料でも15GBの容量があるので、個人利用でも安心です。Googleアカウントさえあれば、簡単に利用でき、データを共有できる点も魅力的です。Google Driveへのバックアップ方法は下記の通りです。

    ▼Google Driveアプリを開く
    ▼右下のプラスマークをタップ

    ▼表示された選択肢から「アップロード」を選択

     

    バックアップしたいデータを選択

    Dropboxにバックアップする方法

    Dropboxは簡単に使えるクラウドストレージです。Dropbox内に保存したデータは自動でバックアップされます。これにより、Dropbox内で誤って削除してしまった場合も、30日間は復元可能です。無料版の容量は2GBです。Dropboxへのバックアップ方法は下記の通りです。

     

    ▼Dropboxアプリを開く
    ▼ユーザー登録もしくはログインでトップ画面へ

     

    ▼右下のプラスマークをタップ

     

    ▼「写真や動画のアップロード」もしくは「ファイルを作成/アップロード」を選択

     

    ▼アップロードするデータを選択
    ▼アップロードボタンをタップ

    OneDriveにバックアップする方法

    OneDriveはWindowsパソコンに標準でインストールされているクラウドストレージです。登録不要・アカウント不要で使用する場合の容量は5GBで、Office365に登録するころで、容量が1TBまで増加します。大容量のストレージが必要になる可能性がある方に向いています。OneDriveへのバックアップ方法は下記の通りです。

     

    ▼OneDriveアプリをインストール

     

    ▼Microsoftアカウント認証

     

    ▼右下の「自分」アイコンをタップ
    ▼「設定」を選択

     

    ▼「カメラアップロード」を選択

     

    ▼「カメラアップロード」の右側にあるスライドボタンをタップして有効(青色)に

     

    ▼左下2番目の「ファイル」アイコンをタップし、「画像」フォルダのアップロードを確認

    iCloudにバックアップする方法

    iCloudはiPhoneなどのMac製品向けのクラウドストレージです。クラウドバックアップを意識したことがない方でもiPhoneユーザーならiCloudを使ったことがあるかもしれません。iCloudはアカウントがあればWindowsでも使用可能です。無料で使用できるiCloudの容量は5GBです。iCloudへのバックアップ方法は下記の通りです。

     

    ▼iPhoneトップから「設定」をタップ

     

    ▼上部のアカウント名をタップ

     

    ▼「iCloud」を選択

     

    ▼「iCloudバックアップ」を選択

     

    ▼「iCloudバックアップ」の右側にあるスライドボタンをタップして有効(緑色)に

    まとめ

    近年個人にも利用が拡大しているクラウドバックアップ。今回紹介した以外にもAmazonのAWSやMicrosoftのAzureといった有名なサービスもあります。他にも、ウィルスソフトのノートンや、データ管理ソリューションのArcserveやAcronis、NetAppなども、クラウドバックアップサービスを提供しています。

    個人でクラウドバックアップを利用する際には、まずは無料サービスが候補になってくるでしょう。無料サービスは有料サービスよりもサポート体制が簡易な場合が多いと予想されるため、使用開始前にできるだけ多くの情報を集め、確認・比較することをおすすめします。

    オンラインストレージ導入事例集

    ぜひダウンロードし、社内共有資料や業務改善にお役立て下さい!

    この記事を読んだ人は
    こんな記事も読んでいます

    【クラウドストレージ最新比較】 基礎知識からおすすめサービスまで徹底解説

    オンラインストレージ・クラウドTips

    オンラインストレージサービスはこう選ぶ!チェックすべき4つのポイント

    オンラインストレージ・クラウドTips

    オンラインストレージを活用したバックアップ保存方法とは?選び方もご紹介

    オンラインストレージ・クラウドTips

    【クラウドストレージ最新比較】 基礎知識からおすすめサービスまで徹底解説

    オンラインストレージ・クラウドTips 2021-01-27

    オンラインストレージサービスはこう選ぶ!チェックすべき4つのポイント

    オンラインストレージ・クラウドTips 2020-06-11

    オンラインストレージを活用したバックアップ保存方法とは?選び方もご紹介

    オンラインストレージ・クラウドTips 2020-06-30

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP