FAQ

MacOS 10.13(High Sierra)でSAMBARemoteに接続できない

【原因】
SAMBAremoteインストール時にTAPドライバのインストールに失敗しています。

 

【条件】
ターミナルを開き、以下のコマンドを実行してください。
コマンド  ls -l /dev/tap*  ※半角スペースに注意してください。
実行結果に「ls: /dev/tap*: No such file or directory」と表示された場合は、下記の対処法をお試しください。

 

【対処法】
①SAMBA Remoteの再インストール
現在インストールされているSAMBA Remoteをアンインストールし、再度インストールしてください。
※セキュリティソフトの影響で正常にインストールされない場合も御座いますので、一時的に無効にして頂き、再インストール作業をお願い致します。

 

②ブロックの許可
システム環境設定からセキュリティとプライバシーを開き、一般を表示します。
画面下部に「開発元””Mattias Nissler””のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました」が表示されている場合は、「許可」を押下しソフトウェアの読み込みを許可してください。「いくつかのシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました」が表示されている場合は、「許可」を押下しMattias Nisslerを許可してください。

 

③再起動と確認
PCを再起動してください。
ターミナルを開き、以下のコマンドを実行してください。
コマンド  ls -l /dev/tap*
実行結果に 「tap0」や「tap1」等が表示された場合は成功です。

 

④SAMBA Remoteの起動
SAMBA Remoteを起動し、接続できることを確認してください。

【情シス向け】オンラインストレージの効果的な使い方とは?!業界別の活用方法をご紹介!

ぜひダウンロードし、社内共有資料や
業務開演にお役立て下さい!

TO TOP

TO TOP