資料ダウンロード

オンラインストレージ導入のメリット・デメリット

働き方改革をきっかけに、企業は業務効率化や生産性の向上を目指して、さまざまな対策を求められています。
ビジネスシーンでは、利便性の向上が図れるとして、インターネット上にデータを保管する「オンラインストレージ」に注目が集まっています。
オンラインストレージを利用することで、ファイル共有が容易に行えたり、場所や時間を問わずにアクセスできたりするなど、さまざまなメリットがあります。一方で、適切な運用をするためデメリットを把握する必要があります。
オンラインストレージのメリット・デメリットについて解説していきますので、導入を検討されている方は、参考になさってください。

  • 目次
  • はじめに
  • オンラインストレージのメリット
    • 複数デバイスからのアクセス
    • ファイル共有・共同作業が簡単
    • 複数の拠点間で一元管理
    • 自動バックアップ
    • サーバー管理・運用が不要
    • バージョン更新が不要
    • 導入コストが安い
    • 月額料金制でコストを視覚化
    • 容量の拡張性
    • リスクヘッジ
  • オンラインストレージのデメリット
    • カスタマイズしにくい
    • 障害時の対応がベンダー任せ
    • パスワード管理が面倒
  • おわりに
TO TOP

乗り換えキャンペ

TO TOP