オンラインストレージ・ファイルストレージで電子契約書の作成も可能

電子署名と電子契約への対応について

オンラインストレージの「セキュアSAMBA」は電子契約に対応しています

電子契約導入のためのヒント

法人向けのクラウド型ファイルサーバーとしてのセキュリティや使い勝手をそのままにPDFファイルへ電子署名、タイムスタンプを付与することが可能となりました。これにより真正に成立したものとの推定を受け電子契約書として保管いただけます。

電子契約+電子契約法+電子署名法とは?

電子契約とは
「電子署名」と「タイムスタンプ」を付加した電子文書(PDF)をインターネットを経由して合意成立を行い、電子文書(PDF)のままサーバなどに長期保存する契約締結の手段の1つです。

電子契約についての各種法令
2001年の「e-JAPAN戦略」「IT基本法」の制定以降、「電子署名法(2001年4月施行)」、「IT書面一括法(2001年4月施行)」、「e-文書法(2005年4月施行)」、「電子帳簿保存法(2005年4月施行)」等、様々な電子契約関連法規が整備されています。

電子署名法

電子署名法第3条
電磁的記録であって情報を表すために作成されたものは、当該電磁的記録に記録された情報について本人による 電子署名が行なわれているときは、真正に成立したものと推定する。

電子契約法、電子署名法とは?

電子契約のメリット

1.コスト削減
印紙代や郵送代もカット!

電子契約によるコスト削減

従来の紙の契約文書は課税文書となりますが、契約を電子文書で取り交わす場合は課税対象とならず、印紙税を大幅に削減できます。また書類郵送が不要となりますので切手代や封筒代とう郵送に関わる費用を大幅に削減できます。

2.コンプライアンス強化
高セキュリティでリスクを低減、公的な業務にも迅速に対応!

電子契約によるコンプライアンス強化

電子契約では、電子文書をサーバーに保管します。サーバーによるバックアップを多重化したり、セキュリティを高めることにより、紛失、劣化、毀損リスクを大幅に低減できるだけでなく、改ざん等のリスクもほぼゼロになります。 また、日付、契約先、金額などの確認、閲覧も簡単になるので税務調査、会計監査などにも迅速かつ正確に対応できます。

3.業務のスピードアップ
オンライン上のやりとりなので、大幅な時間の短縮が実現!

電子契約による業務のスピードアップ

紙の契約文書では、作成した契約文書を郵送したり、担当者が持参したりなど、手間がどうしてもかかります。電子契約では、契約書のやりとりはインターネット上で行われるため、これらの手間が省けます。単に郵送費等の経費だけでなく、電子ファイルをアップロードするだけなので、大幅な時間短縮にもつながります。

電子契約と紙面契約の違い

契約・保管方法の比較 書面による契約 電子契約
契約媒体 電子データ
契約成立の証拠 押印・署名 電子署名・タイムスタンプ
受渡し方法 郵送または持参 インターネット経由
保管方法 書棚 サーバー内で電子データのまま保管

紙面の契約書作成は手間も時間もかかる
一般的に企業間の契約では、裁判における証拠性や、各種法令を遵守するため、書面に署名捺印を行った紙の契約書を用いて合意し、それを契約当事者双方で保管しています。

電子契約なら安心・安全
その一方で電子契約は、電子署名法や電子帳簿保存法など法的環境整備と電子署名やタイムスタンプなどの技術基盤整備を背景に、安全かつ安心してやり取りができ、スピードとコスト削減を求める企業ニーズにマッチした新たな契約手段として近年非常に注目されています。

電子契約は情報セキュリティの強化に最適

電子契約では、契約書の電子ファイルはサーバーに保管します。サーバーによるバックアップを多重化したり、セキュリティを高めることにより、紛失、劣化、毀損リスクを大幅に低減できるだけでなく、改ざん等のリスクもほぼゼロ、災害時にも契約書原本を守ることができます。(BCP対策)

セキュアSAMBAだから安心のセキュリティ

専用の管理画面

専用の管理画面

アクセス権限設定によりユーザー・グループ毎に権限をフォルダ単位で設定できます。

その他のセキュリティ機能

その他のセキュリティ機能

グローバルIPアドレスによる制限、端末認証によるアクセス制限、ファイルアクセスログ、接続ログ、暗号化通信、ウイルスチェック標準搭載

堅牢で安心なデータセンター

堅牢で安心なデータセンター

AmazonWebService(アマゾンウェブサービス)を利用しています。NASAやNASDAQ、Amazon.comが利用しているものと全く同じサービスです。AWSは600の米政府機関で使われています。

電子契約は契約締結までの業務を大幅に効率化

電子契約の場合、契約書のやりとりはインターネット上で行われるため、作成した契約文書を郵送したり、担当者が持参したりなどの手間が省け、電子ファイルをアップロードするだけなので、大幅な時間短縮により業務効率化がはかれます。

セキュアSAMBAならではの業務効率化

契約書の全社共有、リアルタイム共有

契約書の全社共有、リアルタイム共有

・取引先企業との過去の契約や類似契約、契約更新の確認にかかる手間を省けます。
・契約条件の属人化を防ぎノウハウの共有が可能です。
・外出先からもスマートデバイスでアクセス、機会損失を防止します。

これまでの契約書、関連資料も電子化して保存

これまでの契約書、関連資料も電子化して保存

・契約書類に関する見積もり書、納品書の閲覧が容易になります。
・容量により選べる料金プラン、容量を気にせずにご利用頂けます。
・セキュアSAMBAでは複合機との連携によりスキャン業務も簡易化できます。

リンク共有大容量ファイルもダウンロードリンクを作成し、簡単にメール送信

リンク共有大容量ファイルもダウンロードリンクを作成し、簡単にメール送信

・メール送信時の通知機能、有効期限の設定、ダウンロード履歴の確認等ご利用頂く事により取引先とのやり取りを効率化できます。

電子契約の利用によるコスト削減イメージ

コスト削減イメージ

安価で導入可能なセキュアSAMBAだからこそ、これだけの費用対効果を発揮します!

セキュアSAMBAと電子契約オプションの料金体系

セキュアSAMBAでは印紙税比例の料金体系(印紙税削減額50%等)ではなく1文書ごとの署名費用も発生しません、基本的には定額でご利用いただけるサービスです。

基本プラン料金 + 電子契約オプション(ご利用文書数、署名ユーザー追加、証明書)
ファイルストレージとしての基盤とシンプルな機能で安価でわかりやすい料金体系を実現!

ほかの電子契約サービスとの年間利用料金比較

※年間5000文書、容量100GB、20ユーザー利用時(証明書費用抜き)

年間コスト:1,170,000円

他社サービス

年間コスト:1,220,000円

他社サービス

年間コスト:770,000円

セキュアSAMBA

電子契約オプション

年間ご利用文書数 費用
500文書注釈 初期:30,000円
月額:25,000円
1,000文書注釈 初期:30,000円
月額:27,000円
3,000文書注釈 初期:30,000円
月額:32,000円
5,000文書注釈 初期:30,000円
月額:36,000円
その他
署名ユーザー5ユーザー追加 初期:10,000円
月額:3,000円
電子契約オプションのご利用には「セキュアSAMBA」にご契約いただく必要があります。セキュアSAMBAの料金表はこちら

ご利用までの流れ

証明書の取得から運用まで導入企業様のご利用をサポート致します。(セキュアSAMBAをご利用いただいている場合に限ります)

お申し込みイメージ

専用のお申込書へのご記入、ご捺印

証明書取得イメージ

独自の受付システムによりWebでの申請、本人確認を実施

納品イメージ

各種アカウント情報をメールにて送付

ワンストップ受付で安心、導入後もサポート致します!

無料体験版申し込み・製品の導入はこちら

14日間無料、容量20GBが機能制限無しで使える無料体験版のお申し込みや、製品版の導入についてのお問い合わせはこちら。

  • 無料体験版のお申し込み
  • 導入についてのお問い合わせ
  • オンラインストレージのセキュアSAMBAの申し込み・お問い合わせ

電子契約における第三者機関「JIPDEC」とは?

正式名称
JIPDEC【法人番号1010 4050 09403】(ジプデック)
一般財団法人日本情報経済社会推進協会
Japan Institute for Promotion of Digital Economy and Community

組織の活動内容
JIPDECは、安心・安全かつ効果的な電子情報利活用の促進を図り、地理空間情報やパーソナル情報、家庭情報等の産業横断的利用のための技術基盤と制度的課題の検討、民間電子認証制度や企業等の総合情報基盤の整備をおこなうとともに、プライバシーマーク制度やISMS/ITSMS/BCMS適合性評価制度の運用、消費者に対する認定個人情報保護団体活動、電子署名及び認証業務に関する法律に基づく指定調査機関業務に取り組んでいます。

電子契約に関するサービス内容
サイバーID証明書「JCAN」(ジェイキャン)
組織内個人等を認証できる安価で使いやすい電子証明書

サイバー法人台帳「ROBINS」(ロビンズ)
組織(法人)のトラストアンカーデータベース

JIPDEC

電子契約についての機能を紹介します。オンラインストレージのセキュアSAMBAでは「電子署名」と「タイムスタンプ」を付加した電子文書(PDF)をもちいてインターネット上で取引の合意成立をおこなう契約方法をご利用になれます。

電子契約機能について
ページのTOPへ戻る