クラウドストレージの比較ポイント

クラウドストレージとは

クラウドストレージのサービスについて

ストレージというのは、「記憶」を意味する言葉です。したがってオンラインストレージとは、ネットワーク上でデータの保管と共有を行うサービスというものになります。クラウドは「コンピュータのネットワーク」なので、「ネットワークされて増えた記憶容量・記憶領域」を提供することが可能です。このことから、オンラインストレージもクラウドによって提供されるサービスのひとつととらえて「クラウドストレージ」とも呼ばれることがあります。
クラウドストレージが普及した当初は無料で使用出来るサービスが主流でしたが、高いセキュリティを求める企業などは有料でもセキュリティや機能が充実しているサービスを求めるようになっています。

データの共有や同期、送受信など、幅広い利用方法のあるクラウドストレージのサービスは、今やビジネスに欠かせない存在です。

今回は、クラウドストレージのサービスを選ぶときに押さえておきたい、比較ポイントを法人向けクラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」の特徴と一緒にご紹介します。

クラウドストレージとは

クラウドストレージ 比較ポイント1:クラウドストレージのサービス内容比較

クラウドストレージの容量

使用可能な容量が過度に少ない場合、どれほどセキュリティに優れ高機能でも有効活用できません。業務で必要な容量を把握し、充分な規模のサービスやプランを選びましょう。また、容量が不足したときに速やかにクラウドストレージの増量構築ができるか、事前に比較検討することをおすすめします。

クラウドストレージの使いやすさ

クラウドストレージサービスの中には、ファイル管理のために専用のアプリを使う必要のないサービスがあります。

クラウドストレージとは

クラウドストレージの機能性

外部の取引先とのやり取りや社内での作業など、様々なファイル共有のタイプがある場合、フォルダごとにアクセス制限を設定する機能が必要となります。また、データの送付先が固定でない場合は、IDを持たない相手にもファイルを送信できる機能が便利です。さらに、上書きや削除されたくないファイルに対し、「ダウンロードのみ可」などの操作制限をつけることができる機能もあります。使用目的に合わせて十分に比較をしたうえで、業務をサポートできる機能がついているサービスを選びましょう。

法人向けクラウドストレージサービスのセキュアSAMBAは、最大160TBの大容量を提供できるクラウドストレージです。ドラッグ&ドロップで共有できる簡単操作に加え、全ての管理作業(ユーザー管理・共有フォルダ管理・ログ確認)はブラウザ上でできるので、管理者様の作業効率も抜群です。細かな権限設定ができるセキュアSAMBAは、他社のクラウドストレージと比較しても快適にご利用いただけます。


クラウドストレージ 比較ポイント2:クラウドストレージのサポート比較

クラウドストレージのトラブル対応

クラウドストレージ上のデータが消えてしまった場合でも、バックアップがあれば復旧可能です。バックアップの頻度や、バックアップ先がどこになるかなど、サービスが提供するトラブル対策の内容を確認しましょう。また、データの消失やサーバーの故障などのトラブルは、業務に大きな支障をきたします。万が一の事態が起こった場合のサポート体制もしっかり確認しましょう。

クラウドストレージの障害対応

クラウドストレージのご利用中に障害が発生した際、利用中のサービスが迅速に障害対応をしてくれるかどうかは重要な比較ポイントです。対応可能時間やお問い合わせ方法など、クラウドストレージサービスのご利用前にしっかりと確認をしましょう。

クラウドストレージとは

クラウドストレージの運用監視

クラウドストレージサービスを利用するにあたって、運用監視は非常に重要です。夜間や休日の障害に気がつかない。原因の特定が出来ないなど、大きなトラブルに繋がる可能性もあります。ご利用予定のクラウドストレージの運用監視体制もしっかりと比較し、障害に対するリスクを減らしておきましょう。

法人向けクラウドストレージサービスのセキュアSAMBAは、平日の電話サポートに加え、24時間365日、メール等でセキュアSAMBAの不具合や導入方法、使い方などの障害対応を受け付けています。また、24時間365日体制での有人監視を実施しており、クラウドストレージ内のお客様の大切なファイルを守ります。セキュアSAMBAのクラウドストレージを比較し選んだポイントは「運用サポートがしっかりしており安全性が高いという点」というご意見もいただいております。


クラウドストレージ 比較ポイント3:クラウドストレージの安全性比較

クラウドストレージにSSLを使用した暗号化がされているか

インターネット上にサービスがあるクラウドストレージサービスは、ハッキングによって、外部からクラウドストレージのデータにアクセスされてしまう場合があります。機密情報を扱う場合は、送受信時やクラウドストレージ上のファイル情報がすべて暗号化されるSSL(Secure Sockets Layer)に対応していることが望ましいとされています。

クラウドストレージに情報漏えい対策がされているか

クラウドストレージサービスでは、定期的にサーバー内のウイルスチェックを行っていることも重要な比較ポイントです。また、万が一ハッキングの被害に遭った場合に被害を最小限に抑えるため、サーバーを細かく分けて管理しているサービスもあります。各サービスを十分に比較し情報漏えいを防ぎましょう。

クラウドストレージとは

クラウドストレージにログ機能がついているか

ログ機能とは、誰が、いつ、どのファイルに、どのような操作をしたか、サーバー上での行動を記録する機能です。この履歴をたどることにより、クラウドストレージへの外部からの不正なアクセスやファイルの不正利用を追跡することができます。

法人向けクラウドストレージサービスのセキュアSAMBAは、世界中で利用されているAmazonWebServiceを利用しています。重要なファイルはSSL通信よる保護を行っており、国内全ての事業所において、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の 国際規格 「ISO/IEC27001」並びに「JIS Q 27001」を取得しております。クラウドストレージサービス安全性の強化をあらゆる角度から実施しております。


クラウドストレージ 比較ポイント4:クラウドストレージの価格比較

クラウドストレージの価格

利用可能容量が大きいほど、当然クラウドストレージサービスの価格は高くなります。サービスを比較する場合は、価格を容量で割り、1GBあたりの金額を出してみましょう。ただし金額の差は、機能と安全性によっても異なります。

安価なサービスはセキュリティ対策が不十分であったり、通信速度が遅かったりする場合があることも、覚えておきましょう。クラウドストレージを導入する際は、価格だけではなく、その機能と安全性における費用対効果を考えて選んでください。

クラウドストレージとは

法人向けクラウドストレージサービスのセキュアSAMBAは、1GBあたり55円から始められる低価格なクラウドストレージサービスです。全てのプランにウイルスチェック機能を搭載しています。また、ファイル容量をお客様の用途にあわせて自由に設定することも可能なカスタマイズプランもご提供しています。低価格で大容量のクラウドストレージサービスを安心してご利用いただけます。

おわりに

クラウドストレージはサービス内容により、機能・安全性・価格に差があります。安価なクラウドストレージサービスは機能やセキュリティが弱い傾向にありますが、機密度の低いファイルの送受信にしか使用しない場合は、使用目的に合っていると言えます。業務内容と使用目的をしっかり把握し、いくつかのクラウドストレージを比較した上で、自社に合ったサービスを選びましょう。

クラウドストレージサービスを選ぶときに押さえておきたい、4つの比較ポイントを法人向けクラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」の特徴と一緒にご紹介します。

クラウドストレージサービス:クラウドストレージの比較ポイント
ページのTOPへ戻る