取引先との大容量のファイル共有もオンラインストレージで安全かつスピーディーに

業種・ご利用シーン別のオンラインストレージ活用事例

手間がかかり、リスクもあったCDやバイク便でのファイル共有が、オンラインストレージの利用で解決

取引先とファイル共有

法人向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」が大容量ファイルの共有における手間やセキュリティの問題を解決

オンラインストレージ 利用状況

いくつかの協力会社間で撮影した画像等のファイルの共有が非常に多く大容量になるため、大きなファイルの受け渡しはCD-Rなどに保存し郵送、急ぎの場合はバイク便等を使いおこなってきた。メディアによる大容量ファイルの共有の手間やリスクを考え、オンラインストレージによる大容量ファイルの共有ができないかを検討を始めた。

いくつかの協力会社とのやり取りがある為、オンラインストレージでファイル共有をおこなうにあたり、セキュリティー性、大容量のファイル共有に良い方法がないかといつも探していた。

オンラインストレージ 導入理由

法人向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」なら、大容量のファイル共有を安全且つ、スムーズに行えるだけではなく、協力会社ごとに、フォルダーを作成し権限設定などができ、他の協力会社にはファイルの共有状況を見せない設定が可能であることに魅力を感じた。更に、サーバへのアクセスは、クライアントソフトがインストールされているPCからしかアクセスを許可しない仕組みが要望と一致。理想的なファイル共有がおこなえることから、法人向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」の導入を決定した。

オンラインストレージ 導入後

法人向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」を導入したことにより、取引先とのファイル共有に関する問題が解決した。

データの転送速度はもちろんのこと、ファイル共有をおこなう取引先を追加する場合にも、デスクトップで新規フォルダを作成するのと同じ要領でできる。

こうしたファイル共有をおこなう取引先の増減にも簡単に対応できる点は非常に便利で馴染みやすい。また、ファイルの共有はドラッグアンドドロップで簡単に行うことができ、操作を覚える手間もなく社員から使い方に関する問い合わせも減ったため、管理者はリソースを割かれることなく本来の業務に集中できるようになったといえる。

更に、3段階のアクセス権限が設定できるため、協力会社間にファイルの共有状況が漏れる心配もなくなり、より安心してファイル共有を行うことが出来るようになった。

オンラインストレージ 「セキュアSAMBA」開発チームからのコメント

中小企業において、取引先やパートナー企業とのオンラインストレージのファイル共有の方法は様々です。

ファイルサイズが1MB未満の場合、メールに添付してそのまま送信したり、逆にサイズが大きな大容量ファイルの場合は無料の転送サービスを利用する、といったやり取りをされる方も少なくないでしょう。

こうした方法でファイル共有をおこなうことはとても簡単で、大抵の方なら手軽にできる反面、過去に送信したファイルを探す手間が生じたり、セキュリティー面でのリスクがあります。

信頼関係が欠かせない企業間取引において、作業効率が落ちることで対応が遅れたり、機密情報が漏えいしてしまうことは致命的です。

オンラインストレージでファイル共有ひとつにしても、データを守ることが相手への信頼や自社の財産を守ることにも繋がるという意識をもち、そうしたリスクを徹底的に排除していくことは、今後ますます必要となっていくのではないでしょうか。

無料体験版申し込み・製品の導入はこちら

14日間無料、容量20GBが機能制限無しで使える無料体験版のお申し込みや、製品版の導入についてのお問い合わせはこちら。

  • 無料体験版のお申し込み
  • 導入についてのお問い合わせ
  • オンラインストレージのセキュアSAMBAの申し込み・お問い合わせ

14日間無料、容量20GB
機能制限なしで使える!▼

法人向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」のファイル共有なら、協力会社ごとにフォルダーを作成・権限設定などができ、他の協力会社からは見えない様にすることも可能。サーバへのアクセスはSSL-VPNで認証PCからアクセスを許可しないファイル共有の仕組みがオンラインでのやり取りにおけるリスク回避にもなると考え導入を決定した。

取引先とオンラインストレージで安全にファイル共有:活用事例
ページのTOPへ戻る